東大卒精神科医で『受験の神様』と呼ばれる受験研究家の和田秀樹さんの

「中学受験 親のバイブル」

・・・さぁ!買って損?買って得?

ようやく、【buy恩人】メインサイトより本格的に移設開始しました。m(__)m(2015年4月~)

【中学受験 親のバイブル】 傾向と評価

■総評/2015年5月

アンケート母数が少ないため、客観的な評価とはなりづらいのですが、いただいた1件のコメントが概ね雄弁に語ってくれていると考えます。

具体的な方法論としては弱いようですから、具体的な方策を切実に要求される方は、むしろ下記のマニュアルの方がご期待に沿えるものだと考えます。

一方、親としての信念や心構えを確固としたものにしたいとお考えの保護者さん、あるいは、このマニュアルに関心をもたれる保護者さんに多いと思われるハイレベルなエリートへの将来を期待される保護者さんには、一定の力を与えてくれるマニュアルだと言えるかもしれません。

【buy恩人】としては、和田秀樹氏の価値観は「ちょっと違うなぁ!」なんですけれど、むしろ逆に、何の志向もなくダラダラと過ごす子どもさんを放置している親御さんたちには教育を考える第一歩として一読されるのも良いかもという気もしています。

もちろん、ラッセルの教育論デューイの教育論辺りを読んでいただくにこしたことはないのですが…。

■評価ステータス/2015年5月5日

  • 口コミ評判:★★★★☆
  • アンケート:★★★★☆
  • 良好率:71.4(優良圏)
  • 【buy恩人】の眼:和田秀樹さんの「中学受験 親のバイブル」総合評価
    アンケート母数が少ないため、あまり参考にはなりませんが、多くの保護者さんの共感を得る価値観ではあるでしょう。

↓【buy恩人】適齢期認証経由サービスが自動付属!↓

「中学受験 親のバイブル|和田秀樹」 買って損?買って得? 【buy恩人】

■評価・・・2015年5月5日現在

前回の評価以降もセッション数はそれほど多くはないレベルでコンスタントに推移しています。
意外にも全く発生しなかったコンバージョンもこの間にはポツポツと発生しております。

アンケート良好率も優良圏のまま推移しています。
【buy恩人】としての分析は、下記の『評価アーカイブ』や『メッセージ』から特に変わることはありません。

いただいたコメントを、的確な生の声として判断材料にしていただけるかと考えます。

■アンケート結果・・・2015年5月5日現在

  • 「中学受験 親のバイブル」大いに役立った!(実感) – 1 投票 –
  • 「中学受験 親のバイブル」役立ち期待大!(予感) – 3 投票 –
  • 「中学受験 親のバイブル」役立ち期待薄!(予感) – 0 投票 –
  • 「中学受験 親のバイブル」あまり役立たず!(実感) – 1 投票 –

[コメント]・・・1件

読んで、その通りだと思うが、ある程度判る範囲のことしか書いていないのもまた事実。
本当に塾に行っていても成績が上がらない子や、子供自ら机に向かわせるためのもっと具体的な秘策には出会えなかった。
でも、受験がいかに重要か、学力を上げることがいかに重要で、親の愛であるかということには同感した。

    ■評価アーカイブ2012年7月30日

    アンケートもあまり進まないため、集計も長い空白を空けてしまいましたが、今回コメントを頂いたのを機に更新しました。
    それほどアンケートが進んでいない状況は同じですが、長い間にはプラス側の投票が増えておりました。

    SS様、初のコメントありがとうございました。
    読まれただけで解決するような具体的な方法は書かれていないという点もそのまま頷けました。著者を非難するつもりも庇うつもりもない立場でです。

    子どもが何をきっかけに勉強するようになったのかは、特に小学生の場合などは本人も分からないかもしれないことであり、こうすればああなるというような単純な図式では表せないことですね。

    ただ、私たちなりに出た結論は、教育ママの下二人三脚で馬車馬のように走るか、親が少なくとも知的にかあるいはモラリッシュに生きようとする中で子どもを上手く誘導しているかのどちらかしかないということです。

    「親のあなたで決まります」という和田先生の言葉自体は、和田先生の考える意味でも違った意味でも間違いがないことは確かです。

    【buy恩人】を初めて4年半以上になりますが、雰囲気として、子どもたちに学習に対する意欲自体が相当に希薄になってきているように感じます。
    受験戦争の側面から見れば、競争緩和と見なせて良いことなのかもしれませんが、「いい大学に行ってそれで何なの?」という雰囲気が蔓延してきているように思います。

    依然、塾は過熱しているようですのにおかしな話と言えばおかしな話なのですが、塾の過熱を打ち消すかのように携帯やゲームが蔓延していることが一因ではないかなと感じるのは私たちだけでしょうか?

    【buy恩人】のお嬢が以前に教授の研究のフィールドデータ採取を手伝っていたのですが、学力の低下を否定する方も居られるようですから学力低下に関しては中立に見ようとしていた私たちにも
    「これは、あまりにも酷い」というほどのデータでしたから、逆にそんな悠長な低下レベルではないと感じたのです。

    大げさに言えば、このままいけば日本は落ちぶれた三流国家になるだろうとさえ思ったほどです。
    これは単なる知力の低下だけではなく、むしろ、先のいじめ問題に見られるような感性の貧困の方が怖いとすら思えます。

    浅薄な「共感」や言葉だけの「繋がり」やら「絆」の裏にある主体性の欠損に気付かなければ、これからの日本を背負うことなど出来ないのではないかと思うのです。
    どうやら、ともかくも勉強することの大切さを誰もが本気で子どもたちに伝えなければならない時代が到来したようです。

    ■評価アーカイブ1

    アンケートアップ後、約3週間。
    セッションはまずまずのレベルですが、投票はあまり進みませんね。

    保護者向けとしては、やはり「反抗期・・・」が最もコンバージョンが発生するところから見ると、「受験」よりも「子育て」自体の方が問題は深刻なのかもしれませんね。

    受験や教育に関しては、放任と過干渉に両極化する傾向の中にあるということが感じられますが、その現れのような気がしないでもありません。
    ともかくも、今回はいきなり、「役立たず」に1票が入ってしまいました。
    さらなる、アンケート投票をお待ちしております。

■初期評価・・・2008年10月22日~

  • 和田秀樹先生は受験生やその保護者なら知らない人は居ないと思われる知名度
  • 勉強に対する理念としては、【buy恩人】としては??の要素を少なからず感じます。
  • が、現実論としてハイレベル中学受験を考える上では役立つでしょう
  • 但し、批判的に読み、「あなたのお子さんにとって」という視点と、勉強というものの本質を考えていただかないと逆効果になることもあり得るでしょう。

他の保護者のためのマニュアルのアンケートページにもいろいろと書きましたので、重複するところもあるかと思いますが、よろしければ閲覧ください。

【buy恩人】よりのメッセージ

和田秀樹さんが提供する
「中学受験 親のバイブル」
のアンケートをお願いする前に軽いお話にお付き合いいただければ幸いです。

本ページは【buy恩人】ガリレオが担当致します。

独自販売のみとなった「和田秀樹の受験の方程式」は、知名度の割にはセッション数も少なく、一度もトップの座を取ることはありませんでした。
このページはgoogleでもトップページ表示にもかかわらずですから、やや意外な感じがしましたね。

「和田秀樹の受験の方程式」アンケートページでも書いたのですが、あまりにも著書が多くて分散されていると言うか、ここまで来るとかなり食傷気味な感じがしないでもないということなのでしょう。
あるいは、孤高なまでの首尾一貫性を感じられないが故の反応が反映しているのかもしれません。

僕も、今では各個別戦術では多くは共通認識もあるようですから、特別目くじら立てて反論するほどのこともありませんが、正直に言うと、「なんか俺のとは違うなぁ」の違和感は拭えないところです。

昨今の教育状況から、「勉強」の復権を願われている発言も多いようですし、その気持ちは同じくするところですが、表層的にあるいはゲーム感覚で勉強を捉えられているような感じがしてしまうところが違和感の源なのだと思います。

「数学は暗記だ」で物議を醸してから、その本質に関しては、紆余曲折されているようでもありますから首尾一貫性というものは、あまり感じられないところにも少し違和感を感じるのかもしれません。

話は変わりますが、僕は、多分医学部を目指すのだろう灘中学の生徒(親が医者)を教えたことがあり、キモくて数ヶ月で辞退してしまった苦い思い出があります。
今では若気の至りだったと、もの凄く後悔しています。

もっとこの子の良いところを引き出してやれただろうし、もっと愚かなところを見せてリラックスとか自由を教えてやれたのにと・・・。
ちょうど和田秀樹さんと同じぐらいの学年の子だったのですが・・・。

僕の小学校の同級生も何人か灘中学に進学しました。
その通り東大へ進んだ友も居ますし、中島らもさんみたいなコースを辿った友も居ますし、本当に人はそれぞれです。

それだけで、どちらが偉いかなんて比較すること自体がナンセンスなんです。
別に予定通りのコースで東大に進んだからといって、その人がつまらない人とは言えないのですが、どうも世間ではそういう悪口も多いようです。

逆に、たまたま、僕が知っている後者は、寄り道したが故に素晴らしい人間に成長されていましたが、だからといって、横道に反れることが高潔且つ気持ちよい人格をもたらすとも限らないわけです。


ところで、中学受験と高校・大学受験では少々性質が違うことは確かでしょう。
これは、僕が学習の発達段階を3段階と見なしているところとも対応しています。

小学生の時期は、親が強制しないと勉強しない時期、あるいはそんな風に周りが勉強しているから横並び意識で勉強する時期と分類することが出来ます。

また、ある意味理屈なしでも知識をどんどん吸収できる時期でもあります。
ところが、中学に入り学年が進むに従って、これだけでは対応できなくなる時期が来ます。
これに対応しないまま通そうとすると、成績がどんどん下がっていく風景がよく見られます。

僕の学校では、中学時代の秀才たちは高校に入るとほとんどが馬軍に沈んでいたと言えるほど、知らず知らずの内に勢力地図は塗り替えられていたという事実があります。

この事実は、詳細説明ページに書かれていた、

中学受験を経験した子供であれば、高校受験や大学受験で十分逆転が可能なのです。
その理由を知っていれば、受験に失敗したときのことを考えて必要以上にナーバスになる必要がなくなります。

ことを裏付けてくれる一つの証拠となるでしょうし、僕が見てきた範囲では、かなり普遍化できる真理を表していると考えています。

但し、「中学受験を経験した子供であれば」という条件は、販売ページを見る方が中学受験を考えておられる方だからという以上に意味はないと考えるべきでしょうね。

さて、いくつか僕には気に入らない点があります。
たとえば、

精神科医として言わせてもらえば、中学受験のストレスによって子供が精神的におかしくなることは絶対にないと断言出来ます。

はたして、これはどうでしょうか?
全ての子どもに対して成り立つと言ってもよいものでしょうか?

僕は、親に逆らえないこの時期だからこそ、たとえば、無謀な対応や理不尽な接し方で、ストレスを複雑にしてしまうことは、病とまでは行かなくても、その後に大きな負の影響を及ぼすだろうから、そんなに単純に言い切れるものではないと考えています。

もし、そんな風に心が壊れてしまうまでになると、親だけでは対処のしようがなく、それを修復するために精神科医のお仕事もあるわけですよね。
そんなに簡単に処理してよい問題ではないと思います。

僕が一番心配するのは、故木下竹次先生が「学習原論」で記されているように、「現在を将来のために消費すると思うのは大きな誤りである」という命題があまりにも無視されているということです。

単純なモデルで悪いのですが、子どもを育てることは、超過保護から全くの無関心までの座標の中で、子どもの時期によって、あるいは子どもの今によって、親のポジションをどこに置くかを考えていくこと及びその判断ではないかと考えています。

小学生のころに、「勉強するもしないも子どもの自由です」と放任というポジションを取れば、ほとんどの子どもは全く勉強しないでしょう。
「勉強するもしないも子どもの自由です」ではあっても、何かポンと素材を与えてやる働きかけが加わると、一人ぐらいはそれに興味を持って読む子が出てきたりします。

これで天才に育ったりする場合もあるでしょうが、それでも99%は全然勉強に興味を持たないまま大きくなることでしょう。

保護者に必要なものは何か?
それは、もちろん「お子さんを思う愛」には違いないのですが、子どもを人格として見る大人の優しさとそのための知恵をもって、時々刻々と親の対応を判断していける知恵としか言いようがないのではないかと思います。

親としてベストに子どもに接することは、子どもを全ての角度から観察しながら、それを背景にしながら、様々な知恵に接する中で、その時期には何が大切なのかを取捨選択し、自分の頭で熟考しながら、自分のポリシーを確認しながら確立していく過程そのものではないでしょうか?

僕は、本当に自らが知的であろうとすることを求めていくところにしか、真の優しさは芽生えないと思いますし、よりよい教育も芽生えていかないのではないかと感じています。

みなさんがこの「和田秀樹の中学受験 親のバイブル」を批判的に読むことを忘れず、お子さん自らが高い向上心を持たれるように導かれんことを念じて止みません。

【中学受験 親のバイブル】 概要

発売日 : 2010/04/14
アンケートページ : 2010/5/16アップ
販売価格 : 19,800円(2015/5/5現在)
       配送料 別途1,500円要
著作者 :  和田秀樹氏
内容 : 冊子版
      DVD3枚組み
      親のメンタルケア編(59分)
      親の心構え編(52分)
      受験テクニック編(53分)
購入後 : 返金保証はありません。
特典 : 「緑鐵受験ゼミナール中高一貫コース」入会金無料

【中学受験 親のバイブル】 概要

和田秀樹さんが提供する
「中学受験 親のバイブル」

「和田秀樹の中学受験 親のバイブル」は、DVD3枚から構成される商品です。

【buy恩人】では、本質にかかわる多くのことを各アンケートページで書いてきました。
従いまして、ここでは、この詳細説明ページに書かれていることから簡単に項目のご紹介だけをさせていただきます。

「俺のとは大分違うなぁ!」もありますが、それは批判的に読んでみることのススメとでも解釈していただければと思います。

  • 知らないと大変なことになる、子供が勉強嫌いになる2つの大きな理由とは?
  • 中学受験に失敗しても後から逆転可能なわけとは?
  • 中学受験で大切な夫婦の役割とは?
  • 塾に通い出すと生き生きとする子が多い理由とは?
  • 中学受験によって得られる多くのメリットとは?
  • 競争させることにより子供が成長するわけとは?
  • 意外と知らない、忙しい父親が受験の手助けをするための方法とは?
  • 中学受験の大きな鍵を握る、親の情報収集能力とは?
  • 絶対に間違ってはいけない、子供のしかり方のポイントとは?
  • 子供のモチベーションを上げるための効果的な方法とは?
  • いま注目を浴びている受かるための生活改善とは?
  • ・・・

【中学受験 親のバイブル】の概略説明は、このあたりで止めておきましょう。

◆適齢期認証◆から詳細説明ページにご入場頂けます。

【中学受験 親のバイブル】 アンケート

さあ!それでは、

■中学受験 親のバイブル

アンケート投票に進みましょう。

東大卒精神科医で受験研究家の和田秀樹さんが提供する
「中学受験 親のバイブル」で
本当に中学受験は親で決まるの?

ネットの情報は大量だけれど、口込み情報ですらほとんど信用できない!

そこで、ずばり

「中学受験 親のバイブル」

・・・買って損?買って得?

  • 真実の姿・真実の評価を収集するためにみなさまのご協力をお願い致します。
  • 重複投票ははじかれますので、母数を多く取ることでさらに信頼性が増します。
  • 「与える者、与えられるが如し」 の精神でよろしくお願い致します。

選んだ項目を選択してから【投票する】をポチっと押すだけです。

※公正を維持するために重複投票ははじかれます。

アンケート:「中学受験 親のバイブル」の評価は?

みなさまにお尋ねします。



「中学受験 親のバイブル」
アンケート結果ページは、【結果】から、いつでも閲覧できます。
お気軽にいらしてくださいね。

「買って損?買って得?」の判断材料にしていただけることと思います。

◆適齢期認証◆から詳細説明ページにご入場頂けます。

【中学受験 親のバイブル】 適齢期認証

アンケート結果や総評を見て「おっ、こりゃいいかも?」と思ったら、検討するには適齢期!
「うぅーん?」と唸るようだったら、まだまだ不適齢期!

この下にある◆適齢期認証◆から

  • 中学受験 親のバイブル 詳細説明入場
  • 【buy恩人】他のアンケート一覧
  • 退出

のいずれかを選択して下さい。

退出をポチっと押すと、Yahooトップページにご案内します。

◆適齢期認証◆は、「中学受験 親のバイブル」を押しても、ただ単に詳細ページが見れるというだけの遊び心ウィット認証です。


◆適齢期認証◆

中学受験 親のバイブル
詳細説明入場
退出 【buy恩人】
アンケート一覧入場


★【buy恩人】では全マニュアルに適齢期認証経由サービスがついています★
購入後のマイページで販売者特典を見落とさないようにしてくださいね。
少しでも参考にしていただければと心より願っております。

    本マニュアルの適齢期認証サービスには、【全buy恩人】共通特典の他、ガリレオ先生のご好意により「帝都大学へのビジョン」ALLコース(計1200ページ以上)のダウンロード権をお付けしています。

    申請無しでダウンロードいただけますので、ご購入を決断されましたら、お気軽にお役に立ててください。

    君の、あなたのお子さんの受験合格を切にお祈り申し上げております。


本ページ、お役に立ちましたか?・・・

「買って損?買って得?」の【buy恩人】で、あなたの安心ネットライフを!