中学受験塾講師をされている鈴木貴彰さんの

「中学受験~子どもが自分から机に向かうようになる秘訣~」

・・・さぁ!買って損?買って得?

ようやく、【buy恩人】メインサイトより本格的に移設開始しました。m(__)m(2015年4月~)

【中学受験~子どもが自分から机に向かうようになる秘訣~】 傾向と評価

■総評/2015年4月

「自分から机に向かう」という状態は、保護者さんなら誰でもそう願っておられますね。
日常的な会話でも多く交わされ、ネットでも経験知や情報の意見交換も多くされているように最大の関心事であることは、当ページの閲覧時間の長さにも反映されています。

そんな状況の中ですから、「本商材に如何ほどの価値があるのか?」という点が気になりますね。
保護者であるあなたは今までにいろんな情報に接してこられたことでしょうから…。

では、まず、子どもさんに「自分から机に向かう」習慣をつけさせるために、私はこういうアクションをすることを決めたという項目を書き出してみられては如何でしょうか?

そして、

  • 何故そのアクションをするのか?
  • どんな反応を期待しているのか?予測しているのか?
  • 期待の反応が得られなかった場合に次はどうするのか?

というポイントについて簡単にまとめてみられては如何でしょうか?

もし、項目が思い浮かばないときは、

情報にただ「フーン!」と頷くだけで終わってしまってると言えます。

もしあれにしようか?これにしようかと?と迷ってなかなか決まらないのであれば、

子どもと向き合う軸がまだ座っていないと言えます。

このことを念頭に置かれて、以降の【初期評価】【メッセージ】をご参考ください。

■評価ステータス/2015年4月23日

  • 口コミ評判:未発見
  • アンケート:★★★☆☆
  • 良好率:50.0(合格圏)
  • 【buy恩人】の眼:鈴木貴彰さんの「中学受験~子どもが自分から机に向かうようになる秘訣~」総合評価
    母数が少なく一般的な口コミも皆無のため、セールス文章から見える真実性と販売元の信頼性だけから判断

↓【buy恩人】適齢期認証経由サービスが自動付属!↓

「中学受験~子どもが自分から机に向かうようになる秘訣~|鈴木貴彰」 買って損?買って得? 【buy恩人】

■評価・・・2015年4月28日現在

やはり、それほどセッション数は多くなかったのですが(メインサイト放棄前)、ポツポツとコンバージョンは発生し、何よりも閲覧時間が長いのが本ページの特徴です。

ということは、テーマとしては非常に関心が高いと言えるのではないでしょうか?

ただ、あちこちで意見交換がなされているテーマでもあり、同じテーマの情報を彷徨っておられるように見受けられます。

一般的な口コミは皆無です(ほとんどすべてのサイトは販売者サイドの口コミをコピペしたものかでっち上げ)ので、客観的な判断はできる状況には至っておりません。

以下の【buy恩人】としての【初期評価】【メッセージ】をご参考くださいませ。

■アンケート結果・・・2015年4月28日現在

  • 「子どもが自分から机に向かうようになる秘訣」大いに役立った!(実感) – 1 投票 –
  • 「子どもが自分から机に向かうようになる秘訣」役立ち期待大!(予感) – 0 投票 –
  • 「子どもが自分から机に向かうようになる秘訣」役立ち期待薄!(予感) – 0 投票 –
  • 「子どもが自分から机に向かうようになる秘訣」役立たず!(実感) – 1 投票 –

■【buy恩人】初期評価・・・2010年3月19日~

  • 著者:鈴木貴彰さんに関する情報はネットからは全く確認できませんが、詳細説明文の内容が実際にやった者にしか出せない真実性が読み取れることと出版元の信頼度から信用できると判断しています
  • 販売元:東京教育出版・・・この業界の中では最も信頼度が高く、ビジネス姿勢も真摯です。
  • テーマ自体は、そのあたりの保護者さんでも経験知や受け売りを気軽に発信されてますけれど、ただサーフィンして情報を仕入れるだけではその場限りで終わります
  • 「子どもを自分から机に向かうようにさせる」という課題を真剣にプロジェクト課題とされるなら、ひとかどの方の著作や情報を基にまず軸を作ることが必要です
  • その作り込む軸として相応しい重層性が本商材にはあるのではないかと判断しています
  • コンセプトとしては【buy恩人】と同値です

他の保護者のためのマニュアルのアンケートページにも
いろいろと書きましたので、重複するところもあるかと思いますが、よろしければ閲覧ください。

    ■評価アーカイブ2010年5月18日

    セッションは驚くほど少ないですね。
    出版元も東京出版さんと信頼度抜群にもかかわらずです・・・。

    アンケートも「役立たなかった」に1票のみ。
    さて、どうなんでしょうか?
    さらなるアンケート投票をお願いいたします。

【buy恩人】よりのメッセージ

鈴木貴彰さんが提供する
「中学受験~子どもが自分から机に向かうようになる秘訣~」
のアンケートをお願いする前に軽いお話にお付き合いいただければ幸いです。

このページは【buy恩人】ガリレオが担当します。
多くの受験関連アンケートページで代表と私も多くをしたためていますので、ここでは多くを語りませんが、「子どもが自分から机に向かうようになる秘訣」というタイトルは、ある意味勉強が出来るようになるための全てを一言で表現した言葉ですね。

なるほど、「自分から机に向かう」という言葉は至る所で散見されますよね。
保護者さんなら保護者同士や先生との会話で日常的に口について出て来る言葉ではないでしょうか?

そして、「自分から机に向かう」習慣が出来たとすれば、保護者としては学力面ではもう何もサポートすることはないとすら言えるでしょう。

しかし、ほとんどの場合、この希望は無残に打ち砕かれ、「勉強しなさい」をテープレコーダーのように繰り返すくたびれ果てた日々が続くわけですよ。

そして、その他の末子末葉ばかりを追い求める手立てしかなく、結果、何ら花を咲かすことができないくたびれた人生の土台を子どもに押し付けるようなことになるかもしれません。

ところで、年に一度、東京大学の新入生のインタビューをニュースで目にしますが、きっと、あなたも「あれで東大生になるの?」と思われることも間々あったのではないでしょうか?

たとえ、東大や京大といっても、その学生は大きく分けると、はっきりと「マニュアル型」と「自律型」の2つのタイプに分かれるのではないかと思っています。

印象だけで人を判断してはいけないことはもちろんなのですが、インタビューを受ける東大新入生の受け答えを年に一度見るにつけ、きっと彼は強靭な精神力で、いろんな意味でマニュアルに逆らうことなく、与えられた情報をそのまま受け入れることで東大受験を突破してきたんだろうなと思うことが間々あります。

また、大学生になってお子さんがアルバイトなどの経験をすると、僕の娘なんかもしょっちゅう言っていますが、「○○大学の学生なのに全く役に立たない。あれで本当に勉強できるの?」などという言葉を耳にされることも結構あるのではないでしょうか?

強靭な精神力だけで受験技術を突破した人間よりも、そんなに多くのことはしなかったけれど、少ないながらも自分の頭で考え、理解しようとした人間の方がはるかに魅力的に成長しているような気がしています。

どちらにしても、その共通のベースは「子どもが自分から机に向かう」という習慣であることには変わりありません。
親が引いたレールに乗ろうという使命感でこれを達する子も居れば、本当に面白くて自然に習慣にしてしまう子も居るわけです。

前後の文脈は、詳細説明ページで確認いただくとして、
鈴木貴彰さんは、はっきりと、

たしかに、大学受験実績を含めて、中高一貫校の魅力は捨てがたいものがあります。
その環境を求めるために、数年間の大切な小学生時代を引き換えにするというのは、本末転倒ではないでしょうか。

と書かれています。

中学受験という時間的・物理的制約の中で、無理にこれを達成しようとするのは、「時間を犠牲にする」と仰っていますことには、僕も激しく同意したいと思います。

親が躍起になって、子どもが死んでるのであれば、そんなに無理しての中学受験なんか愚の骨頂とはっきり言います。
中学まで普通の学校で普通に勉強していれば高校で自分から机に向かい東大へ行けたかもしれない子が、この時点で永久にその可能性を潰してしまいますよ。

時間の流れは人それぞれです。少々遅れた子も居れば進んだ子も居る。
僕の息子なんかは、身体的にはきっちり標準曲線の1年遅れで、精神的にもそれに比例していると思えましたし、実際にそうでした。

でも、1年遅れてはいるけれど、標準曲線の上昇カーブには比例していましたから、夫婦ともども何も心配はしていませんでした。
大切なのは、その時期に必要なことをさせてあげるということだと僕は思っています。

広中先生のお母さんも何も「学」には縁のない方だったようですけれども、ちゃんとマネージメントはされていたということになるのでしょうね。

僕は賢くともなんともない人間ですが、曲がりなりにも人生は面白いと思うことができるのも、「学」には縁がなく「学より人柄」を徹底的に刷り込んでくれた母のマネージメントが大きな要因だったのだろうなぁとしみじみ思ったりしましたね。

若き理論物理学者の北川拓也氏も親から勉強しなさいと言われた記憶がないとの対談を最近見ましたが、真っ当な世界でひとかどの仕事をされている方は、例外なくそうだと思います。

確かに、その辺りの一般の方がネットにアップしている経験知や持論をサーフィンすることで一定の情報は得られるでしょうが、たいていはその場限りで「フーン、なるほど」で終わってしまいます。
それは、勉強と一緒で行き当たりばったりの情報だけでは身につかないということと同じことなんですね。

何がしかを軸として真剣に集中的にまず理解し、咀嚼してから、それから様々な経験知や持論を取捨して肉付けしていくことが大切です。

少し意味合いは違いますが、詳細説明文では、

なお、一言付け加えさせていただくと、ちまたの受験評論家の方が、過去の文献やわが子の受験体験だけから導きだしている方法論と、私の方法論とは明確に一線を画すものです。

と書かれている部分に相当するでしょうか。

何事もきちんとしたプロの書籍や情報で軸を作り込むことが第一歩として重要なことに気付いている人は意外に少ないものです。
その軸として使える重層性をもった商材ではないかと判断しております。

では、最後に鈴木貴彰さんが書かれていることで重要な部分を抜粋しておきましょう。
それは、“やる気のスイッチを入れる方法をいくつも持つということです。

どのスイッチが効くということはやってみなければ分かりません。

すなわち、教育とは、保護者であるあなたの全生活・全人格というフィルターを通してのマネージメントになるということだと思うわけです。

だからこそ、保護者も常に「学ぶ」姿勢意識的に持っていなければならない。
しみじみとそう思います。

僕は自分の著作の中でも親の普段の生活態度と子どもの成績の相関性があるというデータが出たことを紹介させていただいたのですが、これは歴然として保護者のマネージメント能力のデータに他なりません。

これを読まれているあなたは中学受験を目指す保護者さんでしょうから、たとえ受験に成功されても失敗されても、先にある中学・高校という教育期間に活かすべき幹・見直すべき幹としてのマネージメントのヒントにされることは大いに有益だと考えます。

だって、人生のゴールは受験合格ではありませんから・・・。
人生の全てにマニュアルを求めるような人間にならないように育てたいですものね・・。

あなたが子どもの自主性・自由を尊重するという御旗の元に
生活全体を通して子どもさんを賢くマネージメントされんことを念じて止みません。

【中学受験~子どもが自分から机に向かうようになる秘訣~】 概要

発売日 : 2009/05/08
アンケートページ : 2010/3/19アップ
販売価格 : 冊子版 12,800円
        製本料・送料は込まれています。
        ダウンロード版はありません。(2010/3/19現在)
著作者 : 鈴木貴彰氏
内容 : PDF版 200ページ
購入後 : 返金保証はありません
特典 : なし

【中学受験~子どもが自分から机に向かうようになる秘訣~】 概要

鈴木貴彰さんが提供する
「中学受験~子どもが自分から机に向かうようになる秘訣~」

ともかくも、この詳細説明ページは素晴らしくよく書かれています。
さすがに東京教育出版さんというところでしょうか。
今まであまたある情報商材の販売ページとは格が違うことがはっきりとお分かりいただけると思います。

方法論が多岐にわたって具体的に細やかに解説されている印象がありますね。

では、マニュアルの内容概略を一部だけご紹介しておきましょう。
非常に多くの項目が洩れなく書かれていますので、詳細説明ページでご確認ください。

小学生の時代は、僕が言うところの学習段階の第1段階ですから、それに応じて中高生での勉強方法とは若干違うところが出てくるはずです。

が、なかなか中高生になっても第1段階に留まっていることが多い現実の中で、しっかりと第2段階に移行する準備をするという意味でも有益な印象があります。

  • なかなか勉強しない子どもに対し言葉で伝えなくても効果的なメッセージを送る方法
  • やる気・自覚を持たせるための、上手なハシゴの外し方とは?
  • 子どもに対する家での接し方や、やる気につながる声のかけ方の具体的な方法とは?
  • 中学受験における母親の具体的な役割とは? ~よくある役割の間違い~
  • 子どもと親の間での約束の上手な作り方と一番注意すべき点
  • 単なる合否にとどまらず、勉強や受験に積極的な意義を見出すためには?
  • 塾のテストや課題に対しての取り組み方や、メンタル面での姿勢を確立するには?
  • 「苦手科目大作戦」を上手に演出して、子どもの心をわくわくさせる方法
  • 成績が伸びないときの対処法とは?
  • どんなにスランプでもやってはいけないことは?
  • 「かわいそう」なものではなくて、「小さな成功体験の積み重ね」として中学受験をとらえるために
  • 中学受験という機会を「子どもへのプレゼント」にする方法
  • 塾で成績を伸ばすためのポイントと塾の賢い「利用法」 ~母親がやるべきこと~
  • 塾の進捗確認テストを最大限に活用するポイントとは?
  • 塾のテストや課題に追われない学習の方法論とは?

【中学受験~子どもが自分から机に向かうようになる秘訣~】の概略説明は、
このあたりで止めておきましょう。

◆適齢期認証◆から詳細説明ページにご入場頂けます。

【中学受験~子どもが自分から机に向かうようになる秘訣~】 アンケート

さあ!それでは、

■中学受験~子どもが自分から机に向かうようになる秘訣~

アンケート投票に進みましょう。

中学受験塾講師鈴木貴彰さんが提供する
「中学受験~子どもが自分から机に向かうようになる秘訣~」で
本当に子どもが自分から机に向かうようになるの?

ネットの情報は大量だけれど、口込み情報ですらほとんど信用できない!

そこで、ずばり

「中学受験~子どもが自分から机に向かうようになる秘訣~」

・・・買って損?買って得?

  • 真実の姿・真実の評価を収集するためにみなさまのご協力をお願い致します。
  • 重複投票ははじかれますので、母数を多く取ることでさらに信頼性が増します。
  • 「与える者、与えられるが如し」 の精神でよろしくお願い致します。

選んだ項目を選択してから【投票する】をポチっと押すだけです。

※公正を維持するために重複投票ははじかれます。

アンケート:「中学受験~子どもが自分から机に向かうようになる秘訣~」の評価は?

みなさまにお尋ねします。



「中学受験~子どもが自分から机に向かうようになる秘訣~」
アンケート結果ページは、【結果】から、いつでも閲覧できます。
お気軽にいらしてくださいね。

「買って損?買って得?」の判断材料にしていただけることと思います。

◆適齢期認証◆から詳細説明ページにご入場頂けます。

【中学受験~子どもが自分から机に向かうようになる秘訣~】 適齢期認証

アンケート結果や総評を見て「おっ、こりゃいいかも?」と思ったら、検討するには適齢期!
「うぅーん?」と唸るようだったら、まだまだ不適齢期!

この下にある◆適齢期認証◆から

  • 中学受験~子どもが自分から机に向かうようになる秘訣~ 詳細説明入場
  • 【buy恩人】他のアンケート一覧
  • 退出

のいずれかを選択して下さい。

退出をポチっと押すと、Yahooトップページにご案内します。

◆適齢期認証◆は、「中学受験~子どもが自分から机に向かうようになる秘訣~」を押しても、ただ単に詳細ページが見れるというだけの遊び心ウィット認証です。


◆適齢期認証◆

中学受験~子どもが自分から
机に向かうようになる秘訣~
詳細説明入場
退出 【buy恩人】
アンケート一覧入場


★【buy恩人】では全マニュアルに適齢期認証経由サービスがついています★
購入後のマイページで販売者特典を見落とさないようにしてくださいね。
少しでも参考にしていただければと心より願っております。

    本マニュアルの適齢期認証サービスには、【全buy恩人】共通特典の他、ガリレオ先生のご好意により「帝都大学へのビジョン」ALLコース(計1200ページ以上)のダウンロード権をお付けしています。

    申請無しでダウンロードいただけますので、ご購入を決断されましたら、お気軽にお役に立ててください。

    君の、あなたのお子さんの高校受験合格を切にお祈り申し上げております。


本ページ、お役に立ちましたか?・・・

「買って損?買って得?」の【buy恩人】で、あなたの安心ネットライフを!