とても訪問者さんが多かったこのページですから投票数は何と95票!!

徐々に世の中の真相に誰もが気が付き始めるに伴い、相手にする人も少なくなったようです。

「ジニアス記憶術」あるいは川村明宏なる著者が気になるあなた、
ここでも判断するキーワードは①ディプロマ・ミル(偽学位・偽称号)と②「記憶は右脳」論

本当の声が集まる【buy恩人】ならではこその情報を判断材料に!

■2016年6月28日現在のアンケート結果画像

川村明宏のジニアス記憶術 アンケート投票結果160628
最新のアンケート結果はこちらから(投票もできます)

アンケート結果は下記の【アンケート経緯】を全てお読みいただかないと誤解することになります。

■参考コメント立ち読み

アンケートでのコメントで簡潔なものを引用させていただきます。

これはダメ!!amazonのレビューを参考にして本を選びスキルアップを目指した方がいいと思います。

by アンケート・コメント

アマゾンでは次から次へと出版した本も、かつての勢いはないように見受けられます。

アマゾンのレビューも参考にされて下さい。

文系出身の脳科学者もどきにはトンデモ類も多く見受けられますのでご注意された方がよろしかろうと思います。


視力・記憶力UP! 脳の活性化で認知症も予防する脳トレ速読 頭の回転が速くなる 速読×記憶術トレーニング 新 1日15分の速読トレーニング術―「速読・速憶」脳をつくる 1冊20分で読めるようになる速読術

川村明宏のジニアス記憶術 傾向と評価

  • 口コミ評判:★★☆☆☆
  • アンケート:★★☆☆☆
  • 良好率:37.5(不良圏)
  • 【buy恩人】の眼:川村明宏のジニアス記憶術 総合評価
    単に一つの流儀をディプロマミルを語ってまであるいは誇大に吹聴して販売する姿勢こそに問題有。

■【buy恩人plus】の切り口メニュー

川村明宏のジニアス記憶術 アンケート経緯

↓【buy恩人】適齢期認証経由サービスが自動付属されています!↓

【川村明宏のジニアス記憶術】 買って損?買って得? 【buy恩人】

■評価・・・2015年2月15日現在

長らく無視していたこともありますがセッション数はかなり減少しアンケート投票も停滞しています。

良好率はほぼ変化なしで手堅く不良ゾーンキープ

『ジニアス速読術』『ジニアス視力回復』とともに販売元がチェンジされていますから、元販売者にとっても相当価値が減少して来て販売権を譲渡する方が得策と算段したと想像することもできます。

所詮、ブローカは内容なんかに興味はない種族ですから、著者まで胡散臭い場合は手を出さないことが賢明でしょうね。

ちなみに『ジニアス視力回復』ページの拍手コメントからは「sine」というコメント。
(販売関係者以外には考えにくいのですが、下品ですね。)

このように全盛期に比べればほとんど相手にされることもなくなったのではと見受けますが、それでも一定の売れ行きはあるようです。

一つの手法として販売するのは一向に構いませんが、ディプロマミルを語ってまで売られる商材は、とどのつまり亜流であることで精一杯でしょう。

評価はほぼ確定しており、特に更新するべき点はありませんので、更新期間が空く場合があります。m(__)m

■アンケート・・・2015年2月15日現在

  • 「ジニアス記憶術」で記憶力アップした!(実感) – 13 投票 –
  • 「ジニアス記憶術」で記憶力アップ期待大!(予感) – 25 投票 –
  • 「ジニアス記憶術」で記憶力アップ期待薄!(予感) – 29 投票 –
  • 「ジニアス記憶術」で記憶力アップせず!(実感) – 28 投票 –

[コメント]・・・5件

効果が出た人とそうでない人がいるみたいですね。
私はもともと記憶力は悪くない方だったのですが、やってみてすぐに結果が出て、最初トレース値が1.8からいきなり4.5まであがりました。
勉強をしていてもびっくりするほど覚えられていました。
マジで。買ってよかったです。

※私は企業のまわし者ではありませんよ(笑)


もう何回も繰り返してますけど、一向に記憶力はあがりません。
これは騙されましたね….


制限時間設定して安く売りこむ手法に超疑問
これはダメ!!
amazonのレビューを参考にして本を選びスキルアップを目指した方がいいと思います。

確かに、いまだに多いですね、この販売手法。
こういう分析や研究を、恥ずかしいと思うことなく、むしろ意気に感じて研究している経営コンサルやマーケッターが世の中には居るということでしょう。
内容に責任を持ってビジネスしようとしているところは、こんな手法は使っていないことは一目瞭然です。


違うページのレビューはほとんど糞なのではっきり言わせてもらいます。
もう挫折しては3回繰り返しています。
それでも決して上がっていません。これっぽっちも記憶力は伸びていません。
このジニアス記憶術は明らかな嘘です大ウソです。
マジで。買って後悔しました。


トレーニングを始めて1ヶ月近くになりますが、今のところ効果は実感できません。
ただし読書スピードが若干上がったような気がしますので、まだ期待はもっています。
効果が現れなかった場合の返金保証(3ヶ月)があるようなので、それまでは続けてみるつもりです。
そのとき改めて再評価したいと思います。


問題点:ディプロマミル(偽学位)で権威付け。行動心理学に準じた煽り販売が先立つ姿勢

本アンケートではなく、【腰痛克服バイブルのアンケート】でいただいたコメント『「波打ち際の考察 ホノルル大学」と検索。参考になります。』のお言葉通り忠実に検索しましたら、最新記事(2013年5月23日)の下記のページが出てきました。

以前に【buy恩人】が、とある悪徳商法のページについて疑問を投げかけたページに対して強制削除されたのと同じケースです。

【buy恩人】の該当ページに関しては、やはり相手方の削除申請がなされましたが、プロバイダー法務部の審査において【削除するべき正当事由なし】と極めて妥当な判断が下されました。
但し、ブログの方はダメでしたけれどね…。

ディプロマミルによる偽学位使用は軽犯罪法に抵触すると常識的に考えられていますが、実質上野放し状態に見えます。
大企業や大手出版社まで見て見ぬふりをして不正に加担しているのも如何なものでしょうか?

最近は正式な学位でさえ著しく質が低下していることが感じられる中、学術全体に対する信用が危ぶまれます。

少なくとも、私たちがディプロマミルを使用して権威付けを行うような行為の裏に見え隠れする浅薄な性根に対して、ただそれだけで目もくれないようになっていくことが必要だと考えます。

    ■評価アーカイブ5

    長らく無視していたページですのでセッション数は少し減りましたが、それでも、本日現在【全buy恩人】セッション数第15位と未だに注目度の高さは衰えません。
    こんなページは一日も早く誰も見に来ないことを切に願っています。

    若桜木虔氏と共著で書かれた「決定版!! 速読トレーニング」という書籍のレビューで、実に的を得ているのではないかと感じたレビューがありましたのでご紹介しておきます。

    引用:「決定版!! 速読トレーニング」レビュー

    東大大学院出身で作家でもある著者の若桜木虔氏は、内容把握のための速読では300ページの本を5分で、精読では1時間で読むのだそうだが、実際の彼の作品はあまり評判が良くなく、これだけの速読マスターでありながらその程度のものしか書けないのかと失望してしまう。

    速読を始めとする自己啓発本は、胡散臭いものが多いにもかかわらずそれを批判した本が少ないので、鵜呑みにせず裏を取ったり疑ったりして読まなければなりません。
    そして自分で確実に実行できるものを取捨選択すれば良いのです。

    結局、「何のために速読するのか?」そこが問題だと思うのです。
    300ページの本を1時間の精読で次々と読んで、「それからどうなの?」と感じられませんか?

    クイズ王や記憶術チャンピオンを狙う目的なら何も異存はありませんけれど、「普通の人は違うでしょ?」と言いたくなるのです。

    確かに、最新に頂いているコメントにあるように、ビックリするほど覚えられたという方も居られますし、それを否定するつもりもありません。

    さらに、話題や知識が豊富であれば対人関係や接待でも威力を発揮するメリットは大いにありますから、速読法や記憶法を身につけるに越したことはありません。
    でも、速読などではシンプルに伝授している方はいくらでも居られると思いますよ。

    ジニアス記憶術も速読が基本にあるのでしょうから、そうなれば、やはりこれだけで記憶に留めることは平凡な人にとっては至難の業だと感じますし、凡庸な【buy恩人】のメンバーでは、それどころか不可能とすら思えるのです。

    大方の人は凡庸であるからこそ、なかなかアンケートの良好率も上がらないのだと分析されるのではないでしょうか?

    ■評価アーカイブ4

    2012年3月4日現在、何と【全buy恩人】セッション数においてダントツ第1位となっています???

    しかし、セッション数とは裏腹に、今回もマイナス方向への投票が2票増えました。
    そして、否定的なコメントが1件増えています。
    投票数は79票にも達しましたが、アンケート良好率はさらに下がりました。

    前回、大学受験に向けて武田式記憶術についての調査依頼があったことをお話しました。
    「記憶術に時間を割くくらいなら勉強の仕方を見直した方が余程成績が伸びますよ」の趣旨でご回答はしましたが、アップしたアンケートもこちらはサッパリ投票が進みません。

    集計の更新をしていないこともありますが、それでもgoogle1ページ目6番表示ですから、なんだか有名な武田塾にしては伸びませんね。

    ジニアス記憶術のセッション数の多さ、武田式記憶術への無反応は対照的でありながら、

    • 脳に心地よい「記憶術」という言葉がようやく懐疑され始めたことを示すのではないか?
    • 実体のない言葉や上辺だけの心地よいキャッチフレーズに踊らされる滑稽さに目覚め、本質を見極める方向性を強く求めるようになってきたことを象徴する現象ではないか?

    そのような思いと願いをもって捉えています。

    ■評価アーカイブ3

    実は、大学受験に向けて武田式記憶術についての調査依頼がありました。
    「記憶術に時間を割くくらいなら勉強の仕方を見直した方が余程成績が伸びますよ」の趣旨でご回答はしましたが、一応、近々アンケートはアップいたします。

    もう、通俗的な似非知識人や似非プロなどにすがっていては何も解決しないということが多くのシーンで見えてきたとすれば、それは歪んだ社会の大きな復元力として作用するのだと感じずにはいられません。

    社会人の長い目で見た自己研鑽なら話も分るのですが、受験生までがそんなことを考えているようではガッカリです。
    「きちんと本質を見据えた勉強すれば主幹は覚えているもの」
    そこが分らないと、記憶術を商売にしている人止まりの人間にしかなれないと思いますよ。

    見た限り、従来の渡辺式でも敷居が高くて出来なかったという声が大きいですし、たいていはこれらの既知の手法を毛が生えた程度にモディファイした程度でしかないというのが記憶術に関する最大公約数的な感想のようですね。

    ■評価アーカイブ2

    任天堂DSを権威に、ますますバラエティを多く作って販売活動が活発なようです。

    著者は「英文速読の決め手」というキャッチフレーズで、「eyeQ」なる商材のコラボの一方として名前を連ねておられるようですね。
    Infinite Mind社の「eyeQ」なる商材、米国アマゾンレビューでは星2つ、レビューではカスタマーサービス最悪という点が共通項として見られました。
    類は類と結合する!!

    実は、つい先日、子どもさんが学校の先生から話を聞いて欲しがったが、どうも書店で売っている速読術の類と変わらないと感じられたようで、「どう思われますでしょうか?」というご相談を頂きました。

    軽い気持ちなのでしょうが、学校の先生ともあろうものが、本質的な話もせずに、こういった通俗書の話題を子どもにするというのも如何なものでしょうかね?

    1年間に渡って、セッション数では常に【全buy恩人】ベスト10。
    本日現在は第6位。
    あまり集計をしていないにも関わらず、依然、注目度は衰えません。

    ただ、コンバージョンは完全に沈黙状態ですね。
    このアンケート結果ですから、当然の現象ですね。
    前回のコメントにありましたように、「違うページのレビューはほとんど糞」だそうですから、随分と買わされた方も多いのだとは思います。

    今回も、実質的にマイナス側の傾向で投票は推移しています。
    当初、比較的良かったアンケート良好率も、完全に不良ゾーンに収束したままです。

    ■【buy恩人】の立ち位置

    アリストテレスが記憶に関して視覚を重要視したとは言え、速読を利用した記憶法が「場所法」よりも優れているという結果にはつながらないようですね。

    そもそも、「右脳」と「左脳」がそれぞれ排他的な役割を担っているのかどうかは、最先端の神経生理学でもまだ解明されていないことですから、さも真実であるかのように「右脳」「右脳」と叫ぶこと自体がおかしな話なのです。

    もし、「右脳が20倍、左脳が2倍」なる理論の根拠が存在するのであれば、私ならば、すぐに学会か科学誌に論文として投稿・発表しますね。
    たとえ、それがフィールドワークのデータであってもです。

    それはすごいことですけれど、チンケな商売のPRにだけ使っているのであれば、そもそもが「帰納的なデータ」とも呼べない代物なのかもしれません。
    「右脳が20倍、左脳が2倍」の測定方法を教えて欲しいですね。

    脳科学に携わってもいない人間が、よくもこんなことを平気で書けるものだと呆れ返ります。
    藤田一郎教授などが見れば、ただ笑うしかありませんよね。

    下記の【buy恩人】ヒントページも熟読いただきご判断くださいませ。

    ■参考

    同じような疑問を持つ方も多いのでしょうね。
    「速読、記憶術、視力回復の川村明宏博士も偽博士か」と題した面白いブログがあります。
    「川村明宏」で検索されると、第6位の【buy恩人】よりも上でトップ表示されているブログです。

    出版社で編集の仕事をしておられる方のようで、【buy恩人】が書いても同じような文面になるでしょうから、ご紹介しておきましょう。
    【buy恩人】でも博士称号に関しては調査しておりましたが、ともかく公的な学位である証拠は全く見つかりませんでした。

    >いいかげん、政府も偽学歴による誇大広告、虚位宣伝を規制してもいいのではないか。
    >産地偽装よりも悪質ではないか。
    >博士と言われれば信頼してしまう人も多い。

    全く同感ですね!
    はっきり言って、ディプロマミルの学位は取り締まるべきでしょう。

    ■評価アーカイブ1

    ただ、【buy恩人】からは、出版元のビジネス姿勢に関しては評価できる点もある旨を付け加えておきたいと思います。

    本来サポートの付いていない内容的な疑問点に関してのメール質問に対し丁寧なお返事をいただきました。全く返事をよこさない出版元も多い中で、きちんとビジネスする姿勢は伺われました。
    本来のあるべき姿です。

    調査していく内に、「ジニアス記憶術」で何となく見えてきたことは

    • やはり、即効性はご多分に漏れず期待しない方がよい
    • 記憶術を有効に機能させるための脳トレ的色彩に特徴
      (いわば記憶術を受け入れるだけの脳の準備トレーニング)

    一般的には、比較的、好意的な評価が多いのも確かなようですが、アンケート投票では、【buy恩人】の予想以上に良い傾向でスタートしたとは言え、現在ではかなりマイナス優勢になっています。

    そして、この方の経歴も、何故「博士」なのかも、もう一つよく分からないのが気がかりです。
    数値的には「桜花・宮口式」よりも随分と悪く見えますが、効果あり:効果なしの比でみれば、それほど優劣があるとも言えません。

    ところで、引用不可ですのでその内容は書きませんが、何故、自分は失敗したのか?をしっかりと分析されて捲土重来の準備をされておられる方からもメールもいただきました。
    (ジニアス記憶術を対象としたお話ではありません)

    それを拝見しただけで、この方の次回チャレンジはすでに成功への道を歩まれていると感じました。

    どんなことでもそうですが、「何故?」というところをしっかりと捉え、それを確実に潰していこうという姿勢こそが、必ず成功への道に繋がっていくことと思います。

    そして、以前にもどこかで書いていますが、どんな良いマニュアルでも、漫然と読み過ごしているだけの受身だけでは何も効果を生み出すことは出来ません。
    それを如何に自分のものとして捉え、消化していくかというステップを経ずしては、せっかくのマニュアルを活かすことは出来ないと考えています。

■【buy恩人】初期評価・・・2008年12月15日~

  • 川村明宏さんの知名度からの安心感はある
  • 「視力回復」と同じく「速読」がベースになっているだろう
  • 「視力回復」が目の筋肉を動かすことなら、本「記憶術」は脳をクルクル動かせる訓練としての「頭を良くするトレーニング」を媒介しているということなのかもしれない
  • そのバックボーンと記憶力に関連性があるだろうとは予測するが、記憶力はそれほど容易にアップできるものではないと考える
  • 「基本は日々の重ね塗り」という点さえ忘れなければ、手法の一つとしてトライされてみるのも手かもしれない。
  • 即効性は、まず期待しない方が無難ではないだろうか?
    どれもそうですが・・・。

■閑話休題

【buy恩人】でも、最高峰の国家資格試験を目指されている方と一緒にいろいろ研究させてもらっているのですが、さらに追求していきたいと考えております。

その経緯で、「つがわ式」も見てみたのですが、紹介されている漢字記憶術の動画を見る限りは、「なーんだ」という感じでした。

悪いということでなく、「誰でもそう考えるでしょ」みたいな感じがしました。
「つがわ式」にも大学・高校各受験コースや英語、国家試験コースがあるのですが、価格はビックリするような高額でした。

それぞれの目的に応じて詳細の手法は相違する筈だと思いますので、各コースがあるのは当然のことであり、親切なことなのですが、漢字記憶術だけをフロントで見せられても、特に、国家試験目標の方には、なんだか学校受験向けが多くて、なかなか不安は拭えないように感じましたね。

■受験突破を目指す学生さんへのコメント1

受験生に対しては、まだ受験まで1年以上ある人なら、記憶術も選択の対象かもしれませんが、そんなもの身に付ける暇があれば、コツコツ勉強するクセをつける方が先決問題でしょう。

「つがわ式」に限りませんが、8万円も使って4000語覚えるのも、如何なものでしょうか?
ほとんどの受験生って単語なんて0円で覚えているのではないですか?

受験生には厳しい言い方ですが、分かっているのに計画性をもって早くからやらないから負けるんです。

資格試験などに記憶術は利用できるなら大いに利用するべきと思うのですが、大学や高校の受験勉強は全く別物だと思いますよ。
最良の記憶術は【日々の重ね塗り】です。
概念を理解することこそが、最良の記憶術になります。

例えば、sin,cosなんて物自体が記号なのに、また別の記号やイメージに置き換えて記憶して何の意味があるのでしょうか?
二度手間もいいところではないですか?

元素表を覚えるなどには確かに適している部分もあるのは確かですけれど、そんなもの自分で工夫する範囲の記憶術で充分でしょう。
社会人と違って、それを仕事に出来るのが学生の特権ではないですか?

■受験突破を目指す学生さんへのコメント2

大学受験突破を目指される学生のみなさんには、記憶力は学力の一つの側面に過ぎないということを考えていただきたいと思います。

しかし、受験を制するにはこの【記憶力】のウエイトが大きいことも事実です。
特に、狭く深くが勝負になる難関私立大学にこの傾向が強いでしょう。
記憶力が通用しないのは数学と国語だけです。

特に、数学は全く記憶力では勝負できませんから「水物」です。
相当出来る学生でも、入試である程度の点数を取れることは保証されません。

だからこそ、国公立難関大学では、得意の数学で運悪く足を引っ張っても記憶力が通用する科目でカバー出来れば勝てる可能性を大きくすることも確かです。

記憶力は、国公立難関を目指される人にとっては【保険】、私立難関を目指される人にとっては【生命線】だとbuy恩人では考えます。
基本的には、重複繰り返し練習の持続であったり要点整理の整理の仕方の問題ですね。

本ページ、お役に立ちましたか?・・・

川村明宏のジニアス記憶術 見極め用資料

本ページはガリレオが担当しています。

記憶術では「宮口式記憶術」をアンケートでアップしているのですが、こちらも売れ続けていますね。

でも、【buy恩人】のアンケート結果を見ていただくとお分かりいただけると思いますが、それほど甘いものではないということが言えるのではないでしょうか?

「宮口式記憶術」をアップしたのは、今まで世に溢れている記憶術とは違うという臭いが直感的にしたからなんですが、やっぱり、それほど甘いものではなかったという感触があります。

    ■2015年2月15日追記

    「宮口式記憶術」に関しては、間もなく本サイトにアンケートページを移設しますが、上のアンケート結果をご覧いただいても分かりますように、やはりそれほど評価の良いものではありません。

    【buy恩人】のメンバーの誰もが、「出来るわけないというよりやる気がしない」と異口同音に口を揃えたことは一般的にもあてはまるということなんだと考えています。

    偏差値41から東大へ! 宮口式「超」記憶術のレビューでの声を読まれてもお分かりいただけるのではないでしょうか?

そこへもって、今度は「視力回復法”ジニアスeye”~14日間視力回復プログラム~」の川村明宏さんが、今度は「ジニアス記憶術」と来たもんです。

理論的には「視力回復法」と同じ根を持っているのでしょうが、「視力は良くなるは、記憶力はよくなるは・・・」 まるで夢のようなお話ですね。

もちろん川村博士の理論自体からは当然帰結されてもおかしくない結論であることは間違いないとは思いますが、そんな一朝一夕に言葉で語るほど即効で効果が現れるとはいささか疑問には感じます。

そもそも「記憶力」に関しては、それほど崇高な能力だという意識は全く無い【buy恩人】ですが、だからと言って、「記憶力」を目の敵にしているわけではありません。
むしろ、必要不可欠な能力だとは考えています。

だからこそ、「帝都大学へのビジョン 実践編」で「重ね塗りの反復練習」として受験生のためにはレポートにしたわけです。

もちろん、資格試験や受験などで記憶力は大きな要素を占めます。
弁護士や医者など、スタート時点で記憶がベースになる仕事も確かにあるでしょう。
が、それ以上に必要なシーンがどれほどあるのだろうかということです。

が、実践者の声にあった、
「会社の上司から頼まれたことをすぐに忘れてしまい後で怒鳴られるという日々を送っていました。・・・」
には、少々笑ってしまいました。

私なら、記憶術より「メモ」することを考えますね・・・。
メモして、終えたら消し込んでいく。
記憶力が大きな要素を占める仕事なんて、そんなにあるのでしょうか?
たいていの仕事はメモで済むんじゃないですかね。

誰もが「記憶力が良くなりたい」とノウハウを探してしまうわけですが、おそらく、資格試験や受験が目的の場合が多いのだろうと思います。
でも、ノウハウ以前に、日々の反復をした方がよほど確実ではないかと思うわけです。

「宮口式記憶術」をアップしてから思ったことがあるんですが、例えば、ブログを沢山の人に読んでもらいたい、アクセスを増やしたいという場合と同じことが言えると思うんですね。

一挙に10件発信するのと、毎日1件ずつ10日間発信するのと、ブログへの訪問者の定着率が全然違ってくるわけですね。

もちろん、ある程度の強度も必要なわけですが、日々続けることの方が定着率を高くするんですね。
「記憶の定着」も全く同じことが言えると思いますよ。

1日思い切り集中して多くのことを覚えようとして、次の日にはかなり忘れていたからと言って「記憶力が悪い」と思い込んでいる方が多いような気がしてなりません。
これなら、誰でもそうなんですよ。

どちらにしても、「記憶力」が良いに越したことはありませんが、違った日に重ねていくという作業が最も大切なことで、それがあって初めて、反復回数を減らしても記憶の定着率が高い状態を求めていくという方に踏み出していくべきだと思うわけです。

それにしても、世の中「記憶力」のノウハウは腐るほどありますね。
もしこれらが、相応に効力があるというのなら、今ごろ、日本中「記憶の天才」ばかりになっていてもおかしくはない・・・。

やっぱり弁護士さんなど法律関係の人は、何らかの記憶術をこっそりと使っているのでしょうかね?

「指で置き換えるだの、体の部分と一緒に覚えるだの」いろいろありますね。
真面目な理論なのでしょうが、私には理解不能ですね。

まぁ効果がある人にはあるんでしょうが、私のように「こじつけるだけ時間が無駄では?」
というような理屈をいう人ははなから向いていないんでしょうね。

どちらにしましても、記憶術も習得してしまえば、
いろいろなシーンで本当に楽になるかもしれません。
習得して損と言うことはないでしょうからね・・・。

あなたが記憶術を習得され
難関大学合格や難関資格試験突破を勝ち取られんことを念じて止みませんが、

基本は「やっぱりコツコツとした日々の塗り重ねじゃねぇ」ということなんです。

川村明宏のジニアス記憶術 基本データ

発売日 : 2008/11/28
アンケートページ : 2008/12/15アップ
販売価格 : PDF版 入場後3日間限り 17,800円
       冊子版 別途2,000円要(2009/8/25現在)
著作者 : 川村明宏氏
内容 : PDF版 140ページ
購入後 : 90日間全額返金保証
      (90日間実践して記憶力がアップしなかった場合)
特典 :東京大学大学院を首席で卒業した実例を元に、より効果的な記憶術の活用法
     あなたの記憶力が20秒で分かる!記憶力測定サイト
     左脳を2倍、右脳を20倍にする! 頭が良くなるトレーニングサイト
     秀才に生まれ変わる!イメージ記憶力トレーニングサイト
     一度覚えたことが忘れなくなる! リピート記憶力トレーニングサイト
     5,000円キャッシュバックプレゼントキャンペーン