東京大学法学部卒修士でマルチリンガルでもある松平勝男さんの【松平勝男の試験に役立つ左脳型速読術】

松平勝男さんは、知識・教養といい社会的な経験といい情報業界に著作を提供してしまったことが早まったこととも思えるほどの方です。

「松平勝男の試験に役立つ左脳型速読術」あるいは松平 勝男なる著者が気になるあなた、
本マニュアルは、松平さんの真意に近づくまでに、アンケートでコメントをいただいた方のようにミスマッチを感じさせてしまう可能性があるかもしれません。

販売元の作成した販売ページでなくとも見えにくいことだったとも言えますので、【buy恩人】ならではの補足を下記にさせていただきました。

本当の声が集まる【buy恩人】ならではこその情報を判断材料に!

質問する女性01

俗書の3冊目に手が伸びそうになったら、人が堅くてつまらないと呟く良書を選ぶ!…それが私の流儀、私が心に決めた約束事

■2016年9月18日現在のアンケート結果画像

松平勝男の試験に役立つ左脳型速読術 アンケート投票結果160918
最新のアンケート結果はこちらから(投票もできます)

アンケート結果は下記の【アンケート経緯】を全てお読みいただかないと誤解することになります。

■参考コメント立ち読み

アンケートでのコメントをご紹介しておきましょう。

正直、購入してがっかりしました。情報商材購入の際には本サイトは非常に参考になっており、恩人さんが内容の太鼓判を押しているので安心しておりましたが、裏切られた気持ちです。

私は日々のビジネス書籍をもっと早く読みたいと思い、書店で速読関連の本も数冊購入しました。そちらの方が余程速度向上に役立ちました。

正直、日本語の速読については、当たり前のことが書かれているだけで、確かに理論的には早くなるでしょう。ただ、読書の習慣がある人にとっては無意識に実践していることでこれ以上の速読向上は期待できませんし、逆に読書が苦手な人にとってはその理論が出来ないから苦しんでいるのでどうしたらよいのかと悩むと思います。

英語の速読については、私は必要がないので実践していませんがマニュアルの多くを割いており、英語速読を希望する方には役立つ内容だと思います。

この速読法は英文速読が中心で、日本語はおまけ的な感じがしました。日本語の速読には向いていないと感じます。

本コメントに関しては非常に真摯なご感想をいただいたと思いますし、ある意味、松平先生の結論とも言えるかもしれません。

しかし、日本語をおまけ的に書かれたのではなく、日本語速読の行き着く先を結論的に示されたということだと認識しております。

以下の『総評/2015年4月』にて補足説明させていただきました。


ネットで見られるような口コミ紹介記事はほぼ100%販売者サイドのコピペか捏造です。

本書の販売元に関しては、販売者サイドの口コミが真のものかどうかは【buy恩人】でも判断はできません。

販売元の中ではマシな部類とは判断しておりますが、確実に真であるとまでは言えませんし、松平先生自身もお分かりにならないでしょう。

そもそも、よほどひどかった場合を除いては、そんなにレビューなどしていただけるものではありません。
あなたは、自らの意思でレビューや感想を送ったことがありますか?

松平勝男の試験に役立つ左脳型速読術 傾向と評価

■評価ステータス/2016年9月18日

  • 口コミ評判:未発見
  • アンケート:★★☆☆☆
  • 良好率:42.9(不良圏)
  • 【buy恩人】の眼:松平勝男さんの「試験に役立つ左脳型速読術」総合評価
    松平先生の真意が伝わりにくいかもしれませんが、英語速読が目的の方は検討の価値ありと思われます

■総評/2015年4月

松平先生の著作の中では珍しく評価がマイナス側に振れています。
購入者の期待する位相と松平先生の伝えたい位相にズレがあるということのように見受けられます。

このことに関して、販売ページでは見えない補足を以下にさせていただきます。

    実は、いただいたコメントは松平先生自身が抱いておられる『日本語における速読』の現段階での限界と速読を志す人の願望とのギャップを鋭く炙り出した感想だと言えそうです。

    かみ砕いて言えば、「もっとそれ以外で何かこれという方法はないのか?」という期待感がもたらすものと言えばいいでしょうか。

    松平先生は、カリフォルニア大学バークレイの授業(アメリカでは留学生向けに英語のスキップリーディングの授業を行う)を下地に、自らが学習塾、予備校で指導されていた際に指導されていた「日本人が英語を理解する時の技」をいくつか組み合わせたものとして本『左脳型速読術』をまとめられました。

    ですから、『日本語における速読』を根拠のある論として扱うために、『英語の速読』が軸となっているという点、及び、肝心の『日本語における速読』を根拠のある論として扱うには英語のスキップリーディングを応用するというところまでが限界であると考えられている点をもって、読者が不満を持たれることは自然なことだったのかもしれません。

    松平先生自身、「英語のスキップリーディングを応用するという方法論以外に方法論があるのか?」という点では疑問符を打たれています。

    特異な脳力を持った人がその特異な技を経験論として語ったとして、それが汎用性を持つ方法論であるかと言えばそうではありませんね。

    そういった曖昧さを伴わず、確固とした根拠を語れる方法論があるのかないのかを見極めることが出来れば、何時か『速読』の本質にまで切り込んだ執筆をしたいと仰っておられました。

    世の中、「右脳による速読」などという言葉が氾濫している分、求める人にとっては、それに何度挫折しても、どうしても「どこにでも書かれている論理的な方法」ではなく、それ以外のアッと思わせられるような青い鳥を探し求めてしまいます。

    松平先生は、日本語における速読は、論理構造から読み解く方法が唯一、明晰に理論化可能な速読であるということを示されたわけで、だからこそ「当たり前のこと」として受け取られてしまうということにもなったというわけです。

    実は、そこのところに「現状では、ありもしないものを探しているんだよ!」ということをも暗に伝えられたかったところに松平先生の底意があったわけです。

    『速読』の本は一杯出版されていますけれども、普通に当たり前として書かれている方法で訓練すれば、一定の速読力は身につくことを【buy恩人】でも実感しています。

    それ以上何を求めることがあるのでしょうか?
    ただただ、地道に訓練を積み重ねていけば望むレベルに相当近づけるのではないでしょうか?

    ですから、コメントでもいただいているように、英語の速読に興味がある方には役立つ可能性が高いですが、日本語の速読で何か良い方法はと探し求めておられるなら、結局、「既知のことじゃん!」となってしまう可能性が高いことも頷けるわけなんですね。

以上は、松平先生が正しいということを主張しているわけではありません。

どちらかというと、販売元の販売ページサイドの方での売りたいが故の表現に問題があるのではないかと考えます。


■【buy恩人plus】の切り口メニュー

松平勝男の試験に役立つ左脳型速読術 アンケート経緯

↓【buy恩人】適齢期認証経由サービスが自動付属!↓

「試験に役立つ左脳型速読術|松平勝男」 買って損?買って得? 【buy恩人】

■評価・・・2015年4月23日現在

評価は上記の『総評』や下記の『評価アーカイブ』でほぼ語り尽くしておりますので、特に更新は致しません。
ここでは、アンケート集計のみ更新しておきます。m(__)m

アンケート良好率は良くないのですが、本ページをご一読くださって、「速読とは何か?」を静かに考える契機にしていただければ幸いです。
また、英語速読が目的の方にはご検討の価値が大いにあると判断しております。

■アンケート結果・・・2015年4月23日現在

  • 「試験に役立つ左脳型速読術」大いに役立った!(実感) – 1 投票 –
  • 「試験に役立つ左脳型速読術」役立ち期待大!(予感) – 2 投票 –
  • 「試験に役立つ左脳型速読術」役立ち期待薄(予感) – 1 投票 –
  • 「試験に役立つ左脳型速読術」役立たなかった!(実感) – 3 投票 –

[コメント]・・・1件

正直、購入してがっかりしました。
情報商材購入の際には本サイトは非常に参考になっており、恩人さんが内容の太鼓判を押しているので安心しておりましたが、裏切られた気持ちです。

私は日々のビジネス書籍をもっと早く読みたいと思い、書店で速読関連の本も数冊購入しました。
そちらの方が余程速度向上に役立ちました。

正直、日本語の速読については、当たり前のことが書かれているだけで、確かに理論的には早くなるでしょう。
ただ、読書の習慣がある人にとっては無意識に実践していることでこれ以上の速読向上は期待できませんし、逆に読書が苦手な人にとってはその理論が出来ないから苦しんでいるのでどうしたらよいのかと悩むと思います。

英語の速読については、私は必要がないので実践していませんがマニュアルの多くを割いており、英語速読を希望する方には役立つ内容だと思います。

この速読法は英文速読が中心で、日本語はおまけ的な感じがしました。
日本語の速読には向いていないと感じます。

    ■評価アーカイブ/2012年1月5日

    集計に長らく空白期間が生じましたが、投票は前回より進んでいません。

    「ユダヤ式記憶術」はチョコチョコと更新材料があったのですが、本「左脳型速読術 」は材料が少なく更新が少なかったため【buy恩人】の表示順位が多くのブログに埋もれてしまい、セッション数が少なかったことによりますので、ここいらで一発更新をしておきましょう。

    とは言っても、やっぱりセッションの多い「ジニアス速読術」の半分のセッション数はあり、お正月早々、「ユダヤ式記憶術」とともにコンバージョンが発生しています。
    常時でも、コンバージョンはなかなか渋く発生しています。

    さて、速読やその教室を商売にしている会社や団体は多いようですが、実際に身につけた方はそれほど多くはないようですし、酷い評判のところも多いようですね。

    そもそも、特にフォトリーディングや右脳活性を謳う類の広告ではとんでもないようなスピードが謳われていますので、全く土俵を異にする本マニュアルも、速読という大きな括りで同類に括られ、これらの誇大な謳い文句のとばっちりを受けていることは間違いないでしょう。

    しかし、本は効率的に早くは読みたいですよね。
    松平先生は、英文のスキップリーディングと日本語の構造・文脈から論理的に読むことで、今より少しでも早く読むという術を伝えようとされているわけです。

    一方、世に多く出ている「右脳速読」などというもののエビデンスは確かにどこを探しても見つかりません。
    だから、Webいたるところで「速読などは詐欺だ!」という声が散在しているのではないでしょうか?

    それ以前に、やみ雲に速く読むだけが目的みたいになってしまえば、実に滑稽な愚行だと僕は思います。
    まぁ、文学作品などは、そのようなすごい速さで読めるかもしれませんが、何気ない一言に深い意味が隠されていることもありますよね。
    それに感性が追随しなければ文学作品を読む価値なんて無いに等しいと思うのですが。

    そう考えると、ビジネス本・処世術本やエッセイあたりが速読対象に該当するのかもしれませんね。
    情報化時代などと呼ばれて久しいですが、単に量が膨大になったというだけで、ある意味ゴミが増えたとしか見えない部分も感じてしまいます。
    それだからこそ、情報を取捨選択する意味で速読が必要になったと捉えたいですね。

    じっくり精読して、分ったつもりでいても、理解したつもりでいても、本当のところはなかなか分っていないのが私たちのような凡人には常ではないでしょうか?
    ですから、速読に対し以上のような考えをされる方以外にはお勧めはしません。
    右脳系速読ができないとまでは言い切れませんから。(相当な鍛錬は必要でしょうが・・)

    【buy恩人】は、これぞと見抜いた本を、スキップ・リーディングで要点を抽出しながら重要な箇所をじっくり読む能力を身に付けることがベストではないかと思っています。
    「正気に戻ろうよ!本物になろうよ!」

    ■評価アーカイブ

    セッション数は本日現在【全buy恩人】24位。
    かなり高位ですが、それでもやはり右脳型に軍配が上がっています。
    それにしても、「速読術」「記憶術」のセッションは多いですね。

    今までは思ってもみなかったのですが、今どきは学生さんより社会人の向上意欲の方が強いのではないかと、ふと感じる時が多いです。
    このページはガリレオが担当いたします。

    さて、母数は少ないのですが、アンケート傾向がやや悪くなっています。
    今回コメントいただき、【buy恩人】が高評価をしていたことで購入されて、裏切られた感じがしたとのことで、先ずはお詫び申し上げたいと思います。

    やはり、速読の分野は個人差の幅も大きいことを感じていたにもかかわらず、そのあたりを配慮できない口不足と独断的な表現になっていましたことを反省し、お詫び申し上げたいと思います。

    スキップリーディングの手法はもともと論理的な構造を持つ英文の速読から来たものであるということと対照することで、多くの速読本あるいは国語教育の中で見過ごされている部分である「論理構造を読み取る」ということを鮮明に浮き出させることが松平さんの意図ではなかったかと思われます。

    そういった意味で「当たり前」と感じられたのだろうと推察されますが、常に頭の中に入れ醸成させていけば、その味わいも深くなるのではないかと僕は思っています。

    僕は速読は出来ませんが、考えとしては同じような考えが染み付いていますし、右脳が発達した人間ではありませんから、代表とともに、勢い独断的な高評価になってしまったのかもしれません。

    この件に関しましては、上部の『総評』にて詳しい分析をさせていただきました。

    少し話題が反れますが、松平さんとの遣り取りで驚いたことがあります。
    論理の話題で、「素数が無数にあること」の証明をご存知だったことです。
    普通、理系でも知っている人は少ないですからね・・・。

    僕が京都大学で出会った文系の友人たちの中で頭がいいと思った人たちは、あまねく数学に長けていたことを改めて思い出した次第でした。
    言葉に出す意見が極めて論理的だったことを・・・。

    今回は、「役立たなかった」に2票増えてしまいましたが、右脳速読はたくさんあるけれども現実に大いに効果があったという話も少ないように思われることや、急激に効果が現れることがないのは左脳とて同じだということなども参考にしていただければと考えます。

    「左脳」と「右脳」はお互いに反応しあって協働して一つの情報を脳に取り込んでいくもの。
    そして、お互いに共振しあったときに最大の効果が出てくるものではないかと思いますし、僕はあくまで左脳主導型があるべき姿ではないかと考えています。

■【buy恩人】初期評価・・・2010年5月19日~

  • 著者:松平勝男さんの信用性・知的性は【buy恩人】が保証
  • 出版元もこの業界では優良と判定
  • 商業「速読術」に振り回されて虚しく時間を消費するよりも、実際に論理的に速読する術を知っておられる人の理論に接する方が確実に得策でしょう。
  • 尚、マニュアルのご意見・ご感想などありましたら【buy恩人】より松平さんにお伝えいたします。

-松平勝男の試験に役立つ左脳型速読術 見極め用資料

【buy恩人】よりのメッセージ

松平勝男さんが提供する
「試験に役立つ左脳型速読術」のアンケートをお願いする前に
軽いお話にお付き合いいただければ幸いです。
このページは【buy恩人】ガリレオが担当します。

いやはや、松平さんのパワーには、あらためて恐れ入りました。
そこで、今回は、僕も趣向を変え、販売ページは商品の基本データ以外は読まないで、
タイトルから僕がイマジネーションすることと、松平さんからの書簡を通してだけでこのページを構成しようと思います。

松平さんから書簡をいただいて、タイトルを見た途端、「よくぞ出版してくれました!松平さん。」と体の中を電気が走りました。

世の中には確かに、もともとの基本である左脳型速読の本も少なからず出版されていますが、「右脳」・「右脳」の連呼がやけに目に付く昨今、僕もたいがい辟易としていましたから、論理力の極めて高い松平さんの知見は大いに歓迎されるところだと感じます。

ウォルコット・スペリーの研究は、単に「脳の機能分化」という事実だけに留まるにもかかわらず、右脳論・左脳論みたいなものが外野から湧き出して来たのでしょうが、それならば、読書に関しては左脳を基本にしなくちゃ嘘でしょと思うわけです。

マンガを読んだりペラペラと新聞読むくらいのことでノウハウを求める人は居ないでしょうし・・・。

右脳の方が左脳より、感性の方が知性より儲かることは、僕でも何となく分かっていましたが、【buy恩人】の一部だけにしろ担当してみて、もうこれは確信に変わりました。

人間には手足が備わっており、これに関して「手の方が重要だ、いや足の方が重要だ」なんてことは意味のないことですよね。
それと同じことだと、はなから僕なんかは思っていました。

論理的に考えなければならない対象を、感性=右脳を鍛えただけで高速・高度に処理できるはずがないでしょと・・。

ただ、「右脳を鍛えれば天才になれる」ことが科学的に証明されていないのと同様、「右脳を鍛えるだけでは天才になれない」ということも証明されてはいないとはいえ、【buy恩人】のアンケート結果を見ているだけでも推定はできます

でも、「楽したい」「苦労せずに」の意識がスーッと「科学的」という言葉に誘い込まれていくんですね。

左脳は論理、右脳は感性と単純に0か1かのように区別してよいとは思えませんが、この言葉自体が、左脳には感性は一切関係ない、あるいは右脳は論理に関係しないと単純、短絡的にどうしても捉えられてしまいがちなところがあります。

松平さんは、非常に論理的な方ですから、そのあたりの何ら科学的根拠のない右脳・左脳論へのアンチテーゼとしてこれをしたためられたはずです。

ですから、僕はありきたりな右脳速読や右脳脳トレよりも、はっきりこちらをお勧めします。
誰にでも出来るのは、常識的な基本であり、それを本当に論理の人から学び取り、努力することこそが最も堅実であり、賢明であり、結局は最短の道なのですから・・。

ちらっと、誰か一般の方が書かれていましたのを目にしたことがありますが、「・・・分間で・・・」の著者に「では、これを読んで実際に見せてください」と言っても、実際に見せてもらったためしが一度もないと書いておられました。

ところで、僕も、もちろん感性はとても大切にします。
理数の話になりますが、中高生を指導する際の理屈・理論に関しても、「感じてくれたかどうか?」は重要な一つの指標にしていましたし今でもしています。

「感じてくれたかどうか?」は、とても抽象的で分かりにくいものですが、現場では顔を見ていればはっきりとその度合いが分かるものです。

「感動したときに人は成長する」とよく言われますが、理屈は、極めると感性にまで行き着くんですね。
ここまで達したとき、これが一番強い知性となるのだと僕は感じています。

数学では、よく「美しい」という言葉を使いますよね。
確か、「博士の愛した数式」でも、この言葉は語られていたと記憶しています。

僕は、右脳という言葉が、昔から速読や脳トレと結びついていなくて、僕にとっての「右脳」の一つは「美しいと感じる心」そういう意味を持っています。

また、僕にとっての「右脳」とはイメージであったりリズム感なんですね。
ちょうど、歩くときに手を前後に振っていること。
それが、僕にとっての「右脳」という感覚です。

恥ずかしながら、僕は小学生の頃から、かなり強くスーパーマンになることを夢見ていました。
多分、天分も確かにあるのでしょうが、スポーツ然り音楽然り、何をしても人並み以上のことが出来るようになっていました。

先生に褒められて、マジに作曲家にでもなれるかとも思ったぐらいです。(笑)

結果的には、単なる器用貧乏でしかありませんが、スポーツにしろ音楽にしろ、それらの集積が全ての糧になっていることは間違いないように思います。

全てのことに右脳も左脳も関わっています。
その関わりを大切に蓄積していくことこそ、すなわち努力するという原点をもっと大切に見直されるべきではないかと思っています。

松平さんも、当然、「速読」を求める人の属性・ステータスを仮定されて執筆されたようですが、僕も、これが今ひとつ分からなかったところなんです。

僕が回答した大学受験生は「記憶術」を求められている方が多かったですから、「速読」を求めておられるのはどういう方なんだろうかというところがあまりピンときませんでした。

【buy恩人】の代表とも話していた中では、やはり資格試験だとか学校受験だとかでのニーズが高いというところに落ち着きそうですけれど・・・。
それで、おそらく「試験に役立つ」という修飾語が付いたのだと思われます。

まぁ、ともかくも松平さんは書くのが早い!
と言っても、あなたがメールで遣り取りするような内容ではないですよ。
記憶力と速読力がないととても為せる業ではありません。

僕もいい加減な文章なら早く書けますが、何度も推敲しなければならないような文章をサラッと書かれます。

じっくり型・精読型で物覚えの悪い僕には、こういうところが極めて羨ましい限りです。
以前にも書いたのですが、僕が速読をしたいとすれば、その理由は、情報の取捨選択と整理をスムーズにして、いっぱいの知らないことをより多く知っていきたいという1点のみであり、その理想の形が松平さんのイメージだったわけです。

なんか中途半端になったかもしれませんが、機会があれば付け加えたいと思います。

あなたが「試験に役立つ左脳型速読術」にて意味ある速読を身に付けられ、
資格試験をはじめとする目標の試験に合格されんことを念じて止みません。

松平勝男の試験に役立つ左脳型速読術 基本データ

発売日
2010/05/10
アンケートページ
2010/5/19アップ
販売価格(2016/9/18現在)
冊子版:15,800円・・・本料・送料として別途2,550円要
ダウンロード版:15,800円
価格は変動している場合があります
著作者
松平 勝男 氏
販売元
株式会社 メガプロモーション
内容

A4冊子 本編237ページ+特典45ページ

内容は更新されている場合があります。特典内容とともに販売ページにてご確認ください

返金保証等
返金保証はありません

松平勝男の試験に役立つ左脳型速読術 概要

松平勝男さんが提供する
「試験に受かるユダヤ式記憶術」

今回は趣向を変え、販売ページは商品の基本データ以外は読まないで、タイトルから僕がイマジネーションすることと、松平さんからの書簡を通してだけでこのページを構成しましたので、適齢期認証から詳細説明ページにご入場いただき、松平勝男さんの魂に接していただきますようお願い申し上げます。

松平勝男の試験に役立つ左脳型速読術の概略説明は、
このあたりで止めておきましょう。

◆適齢期認証◆から詳細説明ページにご入場頂けます。

松平勝男の試験に役立つ左脳型速読術 アンケート

さあ!それでは、

■松平勝男の試験に役立つ左脳型速読術

アンケート投票に進みましょう。

東京大学法学部卒修士でマルチリンガルでもある松平勝男さんが提供する
「試験に役立つ左脳型速読術」で
本当に試験に合格できるの?

ネットの情報は大量だけれど、口込み情報ですらほとんど信用できない!

そこで、ずばり

「松平勝男の試験に役立つ左脳型速読術」

・・・買って損?買って得?

  • 真実の姿・真実の評価を収集するためにみなさまのご協力をお願い致します。
  • 重複投票ははじかれますので、母数を多く取ることでさらに信頼性が増します。
  • 「与える者、与えられるが如し」 の精神でよろしくお願い致します。

選んだ項目を選択してから【投票する】をポチっと押すだけです。

※公正を維持するために重複投票ははじかれます。

アンケート:「松平勝男の試験に役立つ左脳型速読術」の評価は?

みなさまにお尋ねします。



「松平勝男の試験に役立つ左脳型速読術」
アンケート結果ページは、【結果】から、いつでも閲覧できます。
お気軽にいらしてくださいね。

「買って損?買って得?」の判断材料にしていただけることと思います。

◆適齢期認証◆から詳細説明ページにご入場頂けます。

松平勝男の試験に役立つ左脳型速読術 適齢期認証

アンケート結果や総評を見て「おっ、こりゃいいかも?」と思ったら、検討するには適齢期!
「うぅーん?」と唸るようだったら、まだまだ不適齢期!

この下にある◆適齢期認証◆から

  • 試験に役立つ左脳型速読術 詳細説明入場
  • 【buy恩人】他のアンケート一覧
  • 退出

のいずれかを選択して下さい。

退出をポチっと押すと、Yahooトップページにご案内します。

◆適齢期認証◆は、「試験に役立つ左脳型速読術」を押しても、ただ単に詳細ページが見れるというだけの遊び心ウィット認証です。


◆適齢期認証◆

試験に役立つ左脳型速読術
詳細説明入場
退出 【buy恩人】
アンケート一覧入場


★【buy恩人】では全マニュアルに適齢期認証経由サービスがついています★
購入後のマイページで販売者特典を見落とさないようにしてくださいね。
少しでも参考にしていただければと心より願っております。

    本マニュアルの適齢期認証サービスには、【全buy恩人】共通特典の他、ガリレオ先生のご好意により「帝都大学へのビジョン」ALLコース(計1200ページ以上)のダウンロード権をお付けしています。

    申請無しでダウンロードいただけますので、ご購入を決断されましたら、お気軽にお役に立ててください。


本ページ、お役に立ちましたか?・・・

「買って損?買って得?」の【buy恩人】で、あなたの安心ネットライフを!