アースケア アクシリオ~乾燥肌の悩み~

万人に良い化粧品などは存在しません。
これは各人の体質の多様性と嗜好の多様性から致し方のないことなのです。

そんな中で私たちは何を道標に化粧品を選んでいくべきなのか?

アースケアさんはネットの販売網を利用してかなり実績を上げて来られているようですから、その分、販売促進活動も活発に見えます。
決して悪いということではなく、無名のメーカから事業化されたことは素晴らしいことです。

しかし、それも、しっかりとした顧客視線のコンセプトとものづくりのポリシーを確立されているからこそ、私もこれは評価できるという判断をしているわけであって、これがなければ興味を惹かれることもなかったでしょう。

アースケアさんは、自社製品製造の根拠となる化粧品の考え方をきちっとレポートにされているというところがまず評価できたんですね。

だからといって、それですら誰でもに満足いく商品となるわけではないということは言うまでもありません。
ただ、アースケアさんは一般的な評価としては高い方に傾いているということが事実として確認出来るのみです。

「結局アクシリオに戻ってきて、その良さを噛みしめた」と仰る感想も見受けました。

では、アースケアさんのホームページから、これらの根拠を少し突付いて検証しておきましょう。



  1. えっ!パラベン使ってるの?
  2. パラベンは正しく使えば低刺激で安全な防腐剤です。

    その通りですね。

    時々、「パラベン!」と異常反応する方も居られますが、防腐剤の中では最も安全な部類に入ります。

    防腐剤を使わないで商品としての化粧品は作れませんから、どんな防腐剤でも合わないと判断されたら(何らかのトラブルの原因が防腐剤に特定される場合)、結論は簡単な話で、自家製で化粧水やクリームを作られるしか道は残っていないことになります。

    科学者でもないのに科学を分かった顔をして何でもかんでも否定してしまう素人評論家やただ単に右から左へ流しているだけの商売人を盲目的に信じ込むことも考え物ですね。

    また、ほとんどの情報は、誰か知らないけれど人の言っていることを子引き・孫引きでパクっているのがほとんどですから、正しくないことでも伝言ゲームのように伝わっていき、コピペの数が多くなれば見る人はそれが真実かのように思ってしまうわけです。

    酷いのになると、ある製品のページで「パラベンはアレルギーを起こす危険成分」と書きながら、違う製品を売りたい違うページでは「パラベンは極めて安全」などと精神分裂並みのことを平気でやっている始末です。

    防腐剤に関しては、アースケアさんでは、エタノールを使わないことがコンセプトになっていますが、これはこれで会社のコンセプトとして考えられればよいことで、「どうしてかな?」と調べられればいいのです。

    パラベンに取って替ってフェノキシエタノールも防腐剤としてよく使われます。
    エタノールとよく似た名前ですが、特性や性質は全く違います。

    経口摂取の場合はパラベンの方が毒性が弱いのですが、経皮摂取の場合の刺激性はほとんど変わらず、毒性もむしろフェノキシエタノールの方が若干勝っているのですね。

    こう説明されると、「じゃぁ、パラベンよりもフェノキシエタノールの方がいいのね!」となっちゃいますが、それでいいのでしょうか?

    実は、防腐効果はパラベンよりも劣っているので、同じ防腐効果を得ようと思うなら量的には3倍程度必要になるという事実が隠されています。

    ですから、基本は【毒性×量】という次元で見なければならないということですね。

    良い化粧品というのは、

    • 毒性の強い成分は決して使わない
    • 通常的に毒性が低い成分は、機能上必要である場合に限り必要最小限に止める

    というコンセプトが貫かれている筈です。

  3. 界面活性剤は使用していませんよね?
  4. 使用しています。界面活性剤が「石油系」でないことが大切なのです。

    「合成界面活性剤不使用」と謳われているものも多いですが、厳密に言えば、どんなに良心的なメーカであっても「必要と判断した一部では使用している」が正確な表現であるはずなんですね。

    合成でないような界面活性剤って厳密に言えばありません。

    もちろん、合成界面活性剤は極力使わない方がよいことは様々なデータから確実ですが、「石油由来ではなく天然由来であればいいのか?」という点に関しては私の範囲では確固たる判断が未だに下せていません。

    と言うか、「天然由来であろうが石油由来であろうが、同一の合成界面活性剤である以上は同じではないか?同じ界面活性剤である以上、天然由来の方が石油由来よりも良いということはあり得ないのではないか?」という直感の方が強い状態というのが正直なところです。

    私としては、由来以前に、その合成界面活性剤自体の個々の安全性の仕分けの方に目が向けられるべきではないかと考えています。

    化学、特に合成化学分野は理屈だけではどうにも解明できず、ここで止まってしまって申し訳ないのですが、研究手段を持たない身にとっては如何ともしようがありません。

要するに、化粧品は【毒性×量】で眺めなければなりません。

ですから、消費者に出来ることは、ネットの商売人によって加工された説明ではなく本当のありのままの知識をある程度得ることと、それによってメーカーのコンセプトを見極めることと、最後に、それでもパッチテストを怠らないということではないかと考えます。

そして、これをクリアしたものの中から体質的な相性によって常用する最適の基礎化粧品を絞っていかれることがベストではないでしょうか?


アースケアさんは真摯な姿勢で化粧品作りに励んでおられますが、それでも、お肌にトラブルを抱える人にとって万能でないのはどの良心的メーカとて同じです。

ましてや、お肌が元気な故に刺激が心地よさに還元される方には大いに物足らないことでしょう。
ただ、安全性と快適さは多くが相矛盾するものであることだけは頭の片隅に置いておかれてください。

ですから、本お試しセットも、お肌にトラブルを抱え、自分に合った化粧品を探し続けておられる方には、「ビンゴ」となる可能性を持った化粧品にいち早く巡り合うための最短経路を探し当てるための選択肢の一つとしか言いようがないというのが真実ではないかと思います。

謳い文句や宣伝の華美さだけに釣られると遠回りすることになるのは、どんな商品でも同じですね!